Business

メラビアンの法則って聞いたことありますか?セミナー中はメモを取らないで!

相手に伝わる方法で伝える

僕は、セミナーで前に立って話をするときは、「メモを取らないでください」とお願いをします。理由はメモを取っている間は視覚からの情報が入ってこなくなるからです。

メラビアンの法則って聞いたことありますか?

「メラビアンの法則」とは「7-38-55ルール」と呼ばれる心理学の法則のことを言います。1971年にカリフォルニア大学ロサンゼルス校の心理学名誉教授であったアルバート・メラビアン(Albert Mehrabian)によって発表されました。

7-38-55ルールってなに?

メラビアンの法則の別名で「7-38-55ルール」言います。メラビアンは、人間は他人とコミュニケーションを取るとき、言語・聴覚・視覚の3つの情報から相手を判断している、と仮定しました。

人がコミュニケーションにおいて重視する割合

  • 言語情報(Verbal)…7%
  • 聴覚情報(Vocal)…38%
  • 視覚情報(Visual)…55%

視覚情報、言語情報、聴覚情報の割合

セミナー中に受講生がメモを取ってしまうと、本来なら相手が受け取ってもらえるはずの55%のアドバンテージを失ってしまいます。

相手に伝えたいことをきちんと伝える、メモを取ってもらいたいときは、「ここは、メモを取ってください」と伝えています。

RECOMMEND

1
2
3

フィンテックから生まれた「リーテックスデジタル契約®️」を提供しているリーテックス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:小倉隆志)は、電子帳簿保存法令和3年改正に伴い、全法人に義 ...

4

相手に伝わる方法で伝える 僕は、セミナーで前に立って話をするときは、「メモを取らないでください」とお願いをします。理由はメモを取っている間は視覚からの情報が入ってこなくなるからです。 メラビアンの法則 ...

-Business