今ここにない未来は自分で創る、株式会社ミション

Mission Co.,Ltd.

 03-6875-3762

営業時間9:00~17:00(土・日休)

未分類

成功者トップ3%だけが実践している掟がある。

投稿日:

成功したTOP3%の人間はこう言う

「やりたいことをやっているだけ」

「いつの間にか自分の収入も増えていた」

ポイント

『やりたいこと』と『収入』が比例している

それは、

トップ3%だけが実践しているオ掟がある。

はじめに

年収3000万円以上を可能にする経営

成功するための原則として、やるべきこと、あるべき姿を50も60も例題をあげて実践を促すセミナーや成功本がたくさんあります。

それら山のようにある成功のための原則はどれも重要だと思います。

しかし、重要事項を5 0 も6 0 も記憶にとどめておけますか?

そして、それを成功するまで徹底的にやり尽くせますか?

本を片手に改善活動をする社長の姿が目に浮かびます。

でもこれらをやり尽くすのはとても難しいことです。

成功のための重要核 。

 

それは「 本質を抑えること 」

これが一番大切です。

「 7 の掟」では抑えておくべき本質を7 つにまとめました。

これは実際に我々が関わり、 成功してきた方々の実践や行動事例をもとにまとめた集大成です。

この「 7 の掟 」を読みながら、

ご自身または会社のとるべき「 具体的な行動 」へ置き換えてみて下さい。

必然的に改善、 改革の道筋と優先事項がハッキリ見えてくるでしょう。

どの業界も競争が激しくなってきていますが、やはり革新的な経営をしている企業はほんの一握り。

価格競争が顕著な他業界からすると、まだまだチャンスが山のように眠っています。

チャンスを掴む近道に光が導いてくれることでしょう。

一番お伝えしたいキーワード

それは、選ばれることだけでなく、

『 自らが未来を選んでいくこと』

選んで選ばれる存在に  ...

 

経営の原点

いつも「 どうなりたいのか? 」と問うこと。それは目標が明確になる。

VISIONを持つことはとても大切なことです。

 

楽しいこと、 やりたいことがあるとき、

人は進んで行動に移すことができる。

「 どうすべきか? 」と問うこと。

それは、やらなければならないことが明確になる。

やらなければいけないことがある時、どんなに大変で苦しくても目標を達成させるためには行動に移さざるを得ない。

この2 つが成果・結果が生まれるきっかけであり、 行動の根幹である。

ポイント

「どうなりたいのか? 」という先の目標を明確にする

 

理念とは ~意志なきところに実現なし~

理念とは・・・

会社の価値観やあるべき姿などを表す思想といってよいものです。

大きく発展していく企業には「 理念 」が必ずあります。

逆に、この「 理念 」が無いまま巨大化した組織は、遅かれ早かれ崩壊していきます。

なぜでしょうか?

理念が組織の意思をまとめる役割を果たすからです。

理念がない場合は、 各個人が各々の価値観を持ち出してバラバラの行動をとります。

それを防ぐのが理念です。

 

マインド ~執念が未来を創る~

3,000万円以上の収入を手にできる人たちの共通の特徴があります。

それは、 いまあるすべての行為が未来を創っているということに気づいているということです。

成功している社長は、

「 今日 」の取り組みが、「 3 ヶ月後」「1 年後 」の利益を作っていることをよく理解しています。

成功する人の最大の特徴は、「 長期的な視点を持っている 」ということ。

でも、この長期的な視点を持つ人は限りなく少ないのです。

短期的な視点の人は、

例えば成果が出るのに3 年はかかるはずのことを、 結果をあせって1 年でやろうとする人です。

組織力を決定付ける社内コミュニケーション

成功している会社は、 何を大切にしているか?なにより一番大切なのは『 スタッフ(社員)』です。

どれだけよい成果を出しても、 収人をあげていてもスタッフに目をむけていない会社はどこかで人材が流出する。

こんなこともあります。

自分は大切にしているつもりが、 結果、 相手のワガママを聞きすぎて『甘やかす 』ことになっていたり・・・

『甘やかす 』のと『 大切にする 』のでは、 大きく違います。

きっちり会社の理念や方針、想いやルールなど、伝えるべきことはしっかりと伝えなければいけません。

お金が集まる仕組み  ~キャッシュフロー経営~

「 自由に使えるお金はいくらありますか? 」

と聞かれて、 正確に答えられる方は少ないと思います。

この「 自由に使えるお金 」を把握しないまま経営するということはどういうことか?

使ってもいいお金を把握していないまま、 スタッフを雇い入れたり、 設備投資を行うと、 多くの場合は資金繰りが悪化し、 最悪の場合、 経営破綻に追いやられます。

実は、 こういったことがどの業界でも、とても多いのです。

キャッシュとは『手持資金』のことで、これが尽きれば当然倒産です。

この意味でキャッシュは『 企業の血液』と言われます。

これはどの企業に限らず、 同じことです。

今いる場所を明確に !! ~会社の姿は数値から~

あなたは会社の現状を説明できますか?

「一日当たり来店客数は大体〇名で… 」

「 営業日数は〇日で… 」

「 スタッフは〇 名で… 」

残念ながらそういうことではありません!

実は決算書などの数値としてどれだけ理解しているかが年収3 0 0 0 万円超えを突破するポイントになってきます。

「 税理士に任せてあるから 」

「 数字はどうも苦手なんで… 」

「 利益は出てるからそんなに見なくて大丈夫 」

注意ポイント

現状の数値を知らないということは、 いわば計画ができないということなのです。計画がなければすべては偶然です。

年収3 0 0 0 万超えを計画なしで逹成しようと思えば、 偶然そこに辿り着くしかありえないのです。

経営計画のP D C A サイクルは確立されていますか?

実際に、経営計画すら立てていない企業が圧倒的に多いでしょう。

当社へご相談に来られた企業のほとんどが計画を立てていませんでした。

経営計画もなく経営することは、 地図も持たずに知らない士地へ旅行に行くことと同じです。

行きたい場所へ辿り着く可能性はほぼ0 です。

行きたい場所を決めていないのにどうやっていくのでしょうか。

計画を立てていなくても偶然に理想の場所へ辿り着くことはあるかもしれませんが、 偶然が続くことなどありえないのです。

 

P D C A   ~成功へのサイクル~

「 儲かっている会社 」と「 儲かっていない会社 」の違いで一番の差はPDCAサイクルの仕組みがあるかどうかです。

《 P D C A サイクルとは 》

p  …      (P L A N )

D  …      (D O )

C  …      (C H E C K )

A  …      (A C ITO N )

計画→実行→検証→改善と会社の経営サイクルを回していく仕組みのことを言います。

 

経営計画は実績とのズレを把握して初めて意味があるものになります。

・計画とどこがズレたのか?

・どれくらいズレたのか?

・なぜズレたのか?

・ズレを修正するためにどんな行動を起こすべきか?

そのためにも仕組みとしてPDCAサイクルを確立していくことが重要なのです。

-未分類

Copyright© Mission Co.,Ltd. , 2019 All Rights Reserved.