しつもん起業術とは・・・

成長に挑戦する人と企業を応援する

企業の成長を大きく捉えたときに大事なことは、「人」「モノ」「お金」と3つあります。我々にとっての「モノ」を提供しているのがマーケティング。ですから、マーケティングを通じて成長企業を応援しています。

それ以外に「人」の面と「お金」の面。この2つを加えてサポートしていくと、企業は俄然成長しやすくなる。そこで、人のサポートと、出資。この3つによって日本経済が繁栄していくような成長企業をどんどん生み出していこうというのが、大きな目標になっています。

起業に失敗する人の共通点

なぜ、ほとんどの起業家は稼げないのでしょうか?

実際、

1年以内に60%が倒産
5年以内に80%が倒産
10年以内に95%が倒産

というデータ からもそれは明らかです。

ただ、一部の起業家が
実際に稼げているのも事実です。

ではこの違いは一体何なのでしょうか?

「大富豪の起業術」という本によると
それは起業家の才能でもなく
商品の良し悪しでもなく
ましてや運なんかでもありません。

それは単にほとんどの起業家が
起業直後にするべき一番大事なことを
おろそかにしているからだそうです。

この本の著者、マイケルマスターソンは
年商100億円以上の会社を2社、 50億円以上の会社を2社、
さらに10億円以上の会社を10社以上作る という

非常識な仕事をやってのけていて
あの、ジェイ・エイブラハムが唯一リスペクトする
というスーパー起業家です。

1社だけでも、年商数十億の規模の
会社を作るのはとても大変です。

だから、それをいくつも実現している彼は、
何かを知っているはずです。

何か、他の人が知らないビジネスの秘訣を・・・・・
何か、何度も何度も成果が出るような秘訣を・・・・・

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告スペース