地域創造的起業補助金とは?

新たな需要や雇用の創出等を促し、我が国経済を活性化させることを目的に、新たに創業する者に対して創業等に要する経費の一部を助成するために作られた助成金制度となります。

少しでも会社経営に使える資金が確保できることは、経営者にとってプラスになることは間違いありません。
今回は、借入金ではなく経費を補助対象とした補助金のご案内です。

これから創業する方は必ず目を通した方が良いオススメの補助金制度になります。

他にも、どんな助成金や補助金があるのかご興味がある方は、下記のサイトをご利用ください。

助成金、補助金の検索『オシエテ』

 

必要な応募書類とは?

応募書類は6点

 

地域創造的起業補助金のメリットを享受するには、補助金の申請が重要となってきます。
応募書類を作成する際には、書類記入手引きの案内などがありますので、抜けがないようにしっかりと作成しましょう。
もし、助成金のことで不明点があれば、政府機関や助成金・補助金の専門家に相談してみることもおすすめです。

 

注意事項とは?

重要な注意事項は4点

  • 事業実施完了日までに、計画した補助事業の遂行のために新たに従業員を1名以上雇い入れなければなりません。
  • 本補助金の申請に際しては、産業競争力強化法に基づく認定市区町村又は認定連携創業支援事業者による認定特定創業支援事業の支援を受ける必要があります。※各認定市区町村等による特定創業支援事業については、以下サイトより、認定市区町村の窓口にお問い合わせください。
    https://www.mirasapo.jp/starting/specialist/chiikimadoguchi.html※募集締切りの直前になると、認定市区町村又は認定連携創業支援機関により対応が間に合わない場合がありますので、余裕をもって依頼をしてください。
  • 平成30年度地域創造的起業補助金では、産業競争力強化法に基づく認定市区町村での創業のみを対象としますので、ご注意ください。※本補助金の申請対象となる創業地域(認定市区町村)はこちら

 

出典:中小企業庁ホームページ|平成30年度予算「地域創造的起業補助金」の公募を開始します 内容・応募方法 地域創造的起業補助金事務局をもとに作成

 

助成金・補助金の申請を行う際に、失敗しないために重要なことがあります。
それは、各助成金・補助金の注意事項をしっかりと確認することです。
例えば、従業員の雇用が条件となっているにも関わらず、助成金・補助金の申請までに従業員を雇用していなかった場合、申請をしても通ることはありません。
しっかりと確認を行い、準備万端で申請手続きを進めていきましょう。

 

まとめ

 

以上が地域創造的起業補助金を受けることが可能な流れになります。

少しでも資金を確保した時や雇用機会を増やしたいとお考えの方にオススメの補助金制度になります。

補助金を受けるために必要となる書類には、書類の作成のほかにも注意しなければならないことが多々あります。

ご自分で全て調べて解決する時間が無い方やしっかりと専門家に相談をしたい方は
是非、この機会に補助金・助成金の専門家に相談をしてアドバイスを受けてみては如何でしょうか?

専門家の中には書類の作成や申請を代行して下る先生もいらっしゃいますので、この機会に、専門家に相談をしてアドバイスを受けてみるのもオススメです。

補助金についての相談や申請書類の作成のご相談もでき、他にもどんな補助金・助成金があるのか検索できるサイト

助成金、補助金の検索『オシエテ』をご利用してみてはいかがでしょうか?

助成金、補助金の検索『オシエテ』

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告スペース