小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者の事業の持続的発展を後押しするため、小規模事業者が、商工会・商工会議所の支援を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って取り組む販路開拓等の経費の一部を補助します。

なお、本公募においては、事業承継に向けた取り組み、生産性向上に向けた取り組みを実施する事業者を重点的に支援します。

これから海外展開や従業員の給料の賃上げ、生産プロセスを見直し販路開拓を検討している事業主様オススメの補助金のご案内です。

別名、「小規模事業者支援パッケージ事業」ともいいます。

現在、賃上げをしたいけれどもう少し売り上げを上げてから実施したい…
販路開拓をしたいけど資金面で悩んでいる…

そうお考えの事業主様は、一度ご検討をしてみては如何でしょうか?

他にも、どんな助成金や補助金があるのかご興味がある方は、下記のサイトをご利用ください。

助成金、補助金の検索『オシエテ』

 

公募期間とは?

平成30年3月9日(金)~平成30年5月18日(金)となります。

上記期間を過ぎてしまった場合にも、追加で公募を行い採択事業者を決定しておりますので
詳しくは、中小企業庁経営サポート「小規模企業支援」 新着情報 をご確認下さい。

 

助成金や補助金の申請にあたり、どの制度も応募期間をいうものが存在するかと思います。
上記のように、応募期間が設けられてはいるものの、応募期間が過ぎてしまった場合にでも追加で公募を行っておりますので、期間が過ぎてしまっても助成金や補助金を受けられる機会はありますので、助成金や補助金の応募期間についてしっかりと確認が必要です。

 

対象者および補助率等とは?

対象者: 全国の小規模事業者
補助率: 補助対象経費の2/3以内
補助上限額: 50万円
100万円(賃上げ、海外展開、買物弱者対策)
500万円(複数の事業者が連携した共同事業)

 

 

小規模事業者持続化補助金は、対象事業者が全国となっております。
経費の補助率が大きく、次のステップに踏み切ろうとお考えの事業主様にはとても大きなメリットです。
販路開拓という事業の展開だけでなく、従業員の賃上げという会社の宝である人財にプラスとなります。

 

公募要領等とは?

公募要領等は、以下からダウンロードしてください。

  1. 商工会の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
    全国商工会連合会ホームページsite
  2. 商工会議所の管轄地域で事業を営んでいる小規模事業者の方
    日本商工会議所小規模事業者持続化補助金事務局ホームページsite

 

出典:中小企業庁ホームページ|平成29年度補正予算「小規模事業者持続化補助金(小規模事業者支援パッケージ事業)」の公募を開始します をもとに作成

 

助成金・補助金の申請をするにあたって、まずは事業主様が対象者であるか確認する必要があります。
しっかりと確認をして、助成金・補助金が受けられると明確になりましたら、申請の手続きに入りましょう。
助成金・補助金の申請にあたって不明点やどうしても解決ができないことがあれば、専門家にアドバイスを受けるのも一つの手です。

 

まとめ

 

以上が小規模事業者持続化補助金を受けることが可能な流れになります。

これから海外展開や賃上げをして福利厚生の水準を引き上げたいとお考えの方にオススメの補助金制度になります。

補助金を受ける為にはしっかりとした書類作成や計画書作成がキーポイントとなります。

今回の補助金は公募期間が短く時間が限られていますが、期間が終了してしまっても追加公募というものが御座います。
計画段階で小規模事業者持続化補助金の公募期間が終了間近という状況でも、専門家にアドバイスを受ければ詳しい情報を手に入れることができます。

助成金、補助金のエキスパート達へ相談をすることにより、解決策や追加公募について詳しく知ることができます。
この機会に、専門家に相談をしてアドバイスを受けてみるのもオススメです。

補助金についての相談や申請書類の作成のご相談もでき、他にもどんな補助金・助成金があるのか検索できるサイト

助成金、補助金の検索『オシエテ』をご利用してみてはいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告スペース