現在多くの中小企業が人材確保のため非正規雇用社員の正規雇用化を進めています。

その中で注目されているのがキャリアップ助成金です。
今回は平成29年に改正されたばかりのキャリアップ助成金についてご紹介いたします。

どんな制度?キャリアアップ助成金とは

キャリアアップ助成金とは、非正規雇用者の処遇改善、正規雇用を進める事業主に対して助成を行うものです。

例えば、6ヶ月の有機雇用から正規雇用に転換した場合、一人あたり57万円、大企業では42万7500円の助成が受けられます。

また、生産性向上の規定をクリアした場合には72万円、大企業では54万円に増額されます。

(参考)キャリアアップ助成金 リーフレット

平成29年4月から改正!キャリアアップ助成金の変更点

<平成29年4月1日からの変更点>

○ 3コースから8コースに変更。

○ 人材育成コースの中長期的キャリア形成訓練の様式が一般職業訓練と統合。1年度1事業所あたりの限度額500万円⇒1000万円に拡充。

○ 全てのコースに生産性要件が設定され、要件をクリアすると支給額増。

○ 有期契約労働者に正規雇用労働者と共通の諸手当制度整備に対して28万5000円~48万円の助成を新設。

○ 選択的適用拡大導入時処遇改善コースとして、社会保険適用の有機契約労働者の賃金引き上げを、基本給の増額割合に応じて助成。

国の助成金に上乗せ!東京都正規雇用等転換促進助成金とは?

東京都では国と連携し、国のキャリアアップ助成金に上乗せした正規雇用等転換促進助成金があります。

有期から正規転換の場合、中小企業50万円、大企業40万円、中小企業退職金共済制度に加入させると、10万円上乗せされます。

助成金に欠かせない!申請時の必要書類は?

『キャリアアップ計画書』

実施するコースと、対象者、目標、目標達成のために講じる措置、計画全体の流れを記入します。

例えば、正社員化コースなら、(目標)○名程度に対して正規雇用への転換を図る、(措置)昇格試験実施などを記入し、制度整備、正規雇用の採用までの転換の流れがわかるようにします。

『一般職業訓練計画届』

キャリアアップ計画に基づいた職業訓練計画を作成します。

必要な証明書類がある場合はそろえます。

『中長期的キャリア形成訓練計画届』

訓練コースの内容、期間、所在地、担当者など詳細を届出ます。

東京都に事業所があるなら!助成金を最大限に有効活用しよう!

非正規雇用から正規雇用への転換を考えているなら、東京都正規雇用転換促進助成金の活用を行って、より大きな助成をうけ、事業の振興を進めていきたいですね。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
広告スペース